住宅リフォーム希望者必見!イメージを形にするための情報サイト

>

リフォーム方法を選ぶ

自分でリフォームする

ちょっとした棚や収納スペースをつくるなど、DIYがブームになっています。
DIYには、自分の思い描くイメージを形にしやすいメリットがあります。
また、休みを利用して、コツコツ作業していく楽しみも大きいのではないでしょうか。

住宅リフォームも自分で行うことが可能です。
たとえば、壁紙や床材を重ねる作業などがあり、比較的簡単にできますよね。
なによりも、人件費が掛からないメリットが注目されています。
ホームセンターのなかには、購入した木材のカットや、工具類のレンタルが受けられるところもあります。

ただし、コンセントの交換や増設など、電気関係の工事には専門の資格が必要です。
また、水道やガスなどの工事をするときも、それぞれ資格が必要なことを知っておきましょう。

リフォーム業者に依頼する

住宅リフォームをするときは、専門業者に依頼することが理想的です。
手に合う作業は、自分で行うこともできます。
しかし、リフォーム後の住宅を長く快適に使うためには、専門業者にお願いしたほうが安心ではないでしょうか。

業者に依頼するときは、具体的なイメージを伝えることが大事です。
また、きちんと見積りを取ったうえで、追加料金の有無も確認する必要があります。
最初から一社に決めないで、複数の業者に見積り依頼を行うこともポイントです。

もちろん、信頼できる業者選びが大前提になります。
身近にリフォーム経験者がいる人は、話を聞いておくと参考になるかもしれませんね。
なお、住宅リフォーム補助金などを受ける場合は、対象業者かどうかの確認が必要です。
募集期間や定員がある制度も少なくないため、くれぐれも注意しましょう。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑